「ペット保険」押さえておきたい注意点!

ペット保険は料金と補償内容のバランスに注意しよう!

近年のペットブームと共に加入者が増加しているペット保険ですが、ただ安い料金や漠然とした補償内容にだけ吊られて契約してしまうと後悔してしまうことになります。
ペット保険はサービスを提供するそれぞれの会社によって料金や免責事項、補償内容が異なるので安易に契約をしないようにして下さい。まずは補償内容や免責事項、利用者の評価などを事前にきちんと確認する必要があります。特に大手のペット保険ではなく、安さを売りにしたペット保険の場合、免責事項や約款、重要事項説明書の細かい確認を重視すべきです。文面上は補償できるような内容であっても実際には補償が受けられない可能性がないとは限らないからです。安い料金にはそれなりの理由があるということを肝に銘じて契約に望むべきです。逆に大手のペット保険の方が保険請求の際に柔軟な姿勢をとってもらえますが、料金はそれだけ高くなりますから料金と補償内容のバランスを考えながら最適なものを選択しなければなりません。

契約更新や待機期間中など注意すべき点は他にもある

ペット保険に契約する上で注意すべき点は約款や免責事項以外にもいくつかあります。初歩的な注意点としては、そもそも美容目的のヘアカットや不妊治療、先天性の病気などには保険は適用できないという点です(先天性の病気に関して一部適用可としているペット保険もある)。
また、契約してから補償開始までの待機期間中に発病したり、怪我をしたりした場合は補償対象外となりますのでこの点でも注意が必要です。さらに、ペット保険の契約更新は1年ごとに行われるので、前年にがんの腫瘍摘出などの手術で高額医療費の保険を請求した場合、翌年にはその病気に関しての事項が免責事項に追加される可能性が高くなる他、最悪のケースでは契約更新を拒否されることもあります。加えて、療養食やサプリメント、マイクロチップの埋め込み、感染症予防の為のワクチン接種なども保険適用外であることを認識しておく必要があるでしょう。

© Copyright Pet Insurance Comparison. All Rights Reserved.